コメントを残す

原作 アネコユサギ
キャラクター原案 弥南せいら
作画 藍屋球
1巻発売日 2014年6月
出版社 KADOKAWA
掲載誌 コミックフラッパー
最新刊何巻まで出てる? 11巻まで発売中
※2018年7月

 

無料試し読みあり

>>電子書籍で1巻を読む

第一話【王道的召喚】

1話のあらすじ

勇者なのにいきなり異世界の偉そうな人に悪魔呼ばわりされる主人公。

不思議な本に導かれ異世界に転移させられた主人公の岩谷尚文(いわたになおふみ)だが・・・

1話の感想・評価

勇者として召喚されたはずなのに他の勇者と比べてなぜか態度や待遇があからさまに悪い。

いくら盾の勇者だからって武器が装備できないとかw

出だしはありがちな異世界召喚ものだけど、4種類の武器や防具になぞらえた勇者など設定はしっかりしている感じを受けた。

第二話【冤罪】

2話のあらすじ

仲間となったはずの女性に嵌められ強姦罪の犯罪者にされてしまうナオフミ。

心はすさんでいき、目つきも悪くなってしまう。

やさぐれたナオフミは・・・

2話の感想・評価

完全に人間不信状態です。

盾しか装備できないから攻撃力激弱でレベル上げも満足にできない。。。

それってもう詰んでるんじゃ、、と思ってしまう。

第三話【お子様ランチ】

3話のあらすじ

奴隷を購入したナオフミ。

自信の攻撃力の無さを奴隷を攻撃役にすることで補おうとするが・・・

3話の感想・評価。

なんだかんだ奴隷に優しい。

主人公は根っこは優しい性格なんだろうなと感じられる回。

第四話【双頭黒犬】

4話のあらすじ

購入した亜人奴隷のラフタリアを連れ金策のため炭鉱に入るナオフミ。

その炭鉱で出てきたモンスターにラフタリアのトラウマが蘇り・・・

4話の感想・評価

戦えないラフタリアを逃がそうとしたりやはり根っこは優しいナオフミ。

ストーリー的な進展はちょっと遅めなのかな?と感じた。

1巻まとめ

異世界転移してスタートからいきなりどん底まで落とされるので、どん底からの這い上がりストーリーが好きな人にはハマりそう。

敵対関係になる相手が結構ムナクソな感じ。

ただ、そのくらい上手く表現できているとも言える。

無料試し読みあり

>>電子書籍で1巻を読む